ヌーボー・パルマレス・バロンドール - サカなん

0

    サッカーのデータ一覧 > バロンドール > ヌーボー・パルマレス・バロンドール

     

    長いサッカーの歴史上、後世に語り継がれる偉大な選手は数多く存在する。中でもペレディエゴ・マラドーナは、現役時代から今まで数々の伝説を生み出してきた史上屈指のレジェンドだ。全盛期の彼らは、それぞれの時代で世界最高の名を欲しいままにしてきた。しかし、あらゆるタイトルを獲得した彼らでも、ただの一度も受賞したことのない個人タイトルがある。それこそが、今日では”世界最高の栄誉”と言われている「バロンドール」だ。それもそのはず。そもそもバロンドールは欧州国籍の選手を対象に作られたため、当時はブラジル国籍のペレやアルゼンチン国籍のマラドーナがいくら活躍したところで受賞はあり得なかったのだ。1995年になってようやく、UEFAに加盟するクラブチームに所属しているという条件付きではあるが、選手の国籍を問わないことになった。しかしその年には、もちろんペレはとっくに現役を退いていたし、35歳のマラドーナもUEFA加盟国でない母国アルゼンチンでキャリアの余生を過ごしていた。ちなみに1995年のバロンドールはリベリア(アフリカ)国籍のジョージ・ウェアが受賞している。

    「全盛期のペレマラドーナがバロンドールの対象者だったら」というタラレバは、世界中にいるサッカーファンが一度くらいはしたことのある妄想だろう。しかし実は、2018年現在の日本ではほとんど知られていないが、この妄想は公式の計らいで現実のものとなっている。

    バロンドールを創立したフランス・フットボール誌は、2016年のバロンドール60周年に際し、1994年以前の受賞者を再度評価し直すことにした。つまり、「創立当初からバロンドールが全世界の選手を対象にしたものだったら受賞者は誰になっていたか」を仮想したのだ。

    1956年の創立以来、欧州選手のみを対象にしていた賞は全部で39回。再評価の結果、その内の12回が、正規の受賞者とは別の選手が受賞に相応しかったという結論に至っている。その12回は以下の通り。「年」のリンクの先では、正式に受賞している選手と再評価された選手の活躍を比較し受賞理由を考察している。ぜひそちらも読んで、どちらが真のバロンドールに相応しいかを皆さんにも考えていただきたい。

     

    正式な受賞者 再評価された選手
    選手 選手
    1958 レイモン・コパ フランス ペレ ブラジル
    1959 アルフレッド・ディ・ステファノ スペイン ペレ ブラジル
    1960 ルイス・スアレス・ミラモンテス スペイン ペレ ブラジル
    1961 オマール・シボリ イタリア ペレ ブラジル
    1962 ヨゼフ・マソプスト チェコスロバキア ガリンシャ ブラジル
    1963 レフ・ヤシン ソビエト連邦 ペレ ブラジル
    1964 デニス・ロー スコットランド ペレ ブラジル
    1970 ゲルト・ミュラー 西ドイツ ペレ ブラジル
    1978 ケビン・キーガン イングランド マリオ・ケンペス アルゼンチン
    1986 イーゴリ・ベラノフ ソビエト連邦 ディエゴ・マラドーナ アルゼンチン
    1990 ローター・マテウス ドイツ ディエゴ・マラドーナ アルゼンチン
    1994 フリスト・ストイチコフ ブルガリア ロマーリオ ブラジル

    ヌーボー・パルマレス版を加味したバロンドール受賞回数

     

    余談だが、アルゼンチン出身のアルフレッド・ディ・ステファノオマール・シボリがバロンドールを受賞することができたのは、当時それぞれ欧州の国籍を取得していたためである。

     


    コメント
    コメントする








       

    サッカーなんでもデータベース - サカなん

    search this site.

    サッカーのデータ一覧

    選手名鑑

    選手の誕生日

    トピック

    様々なランキング

    ★ナショナルコンペティション★

    ☆世界大会☆

    FIFAワールドカップ

    FIFAコンフェデレーションズ

    オリンピックのサッカー競技

    ☆大陸間選手権☆

    UEFA欧州選手権

    コパ・アメリカ

    CONCACAFゴールドカップ

    アフリカネイションズカップ

    AFCアジアカップ

    OFCネイションズカップ

    ┗UEFAネイションズリーグ

    ★クラブコンペティション★

    ☆各国リーグ☆

    イングランド(プレミアリーグ)

    イタリア (セリエA)

    スペイン(ラ・リーガ)

    フランス(リーグ・アン)

    ドイツ(ブンデスリーガ)

    日本(J1リーグ)

    ☆UEFA主要大会☆

    UEFAチャンピオンズリーグ

    UEFAヨーロッパリーグ

    UEFAカップウィナーズカップ

    UEFAスーパーカップ

    ☆クラブ世界一決定戦☆

    インターコンチネンタルカップ

    FIFAクラブワールドカップ

    ★個人タイトル★

    ☆世界・欧州☆

    バロンドール

    ザ・ベスト(FIFA最優秀選手賞)

    UEFA欧州最優秀選手賞

    ヨーロッパ・ゴールデンシュー

    欧州最優秀ゴールキーパー賞

    ☆その他大陸別☆

    レイ・デ・アメリカ

    CONCACAF年間最優秀選手賞

    アフリカ年間最優秀選手賞

    アジア年間最優秀選手賞

    オセアニア年間最優秀選手賞

    ☆欧州ベストイレブン☆

    FIFProワールドイレブン

    UEFAチーム・オブ・ザ・イヤー

    ESM欧州年間ベストイレブン

    ★その他の表彰★

    ☆FIFA☆

    FIFA100

    20世紀最優秀選手

    20世紀最高の11人

    FIFAワールドカップの英雄100

    WCPランキング

    ☆UEFA☆

    UEFAゴールデンジュビリーポール

    UEFAジュビリーアウォーズ

    ☆国際サッカー歴史統計連盟☆

    20世紀世界最優秀選手ランキング

    48人のレジェンド

    その他IFHHSまとめ

    ☆メディア選定☆

    20世紀最高の選手

    20世紀の偉大な選手100人

    南米史上最高の選手50

    ☆各国・各リーグ☆

    FBL100レジェンド

    プレミアリーグの偉大な選手100

    PFAレジェンド

    プレミア10周年ベストイレブン

    プレミア20周年ベストイレブン

    セリエA歴代外国人選手100

    Jクロニクルベスト

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:1135 最後に更新した日:2020/07/05

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM