1958年バロンドールに相応しいのはコパ?ペレ?ジジ? - サカなん

サッカーのデータ一覧 > バロンドール > リエバリュエーション・バロンドール > 1958年バロンドールに相応しいのはコパ?ペレ?ジジ?

 

バロンドールは元々、欧州年間最優秀選手賞として1956年に作られた。それから1994年までの39年間はヨーロッパ国籍の選手限定のまま表彰を続けていた。1995年に初めて、UEFAに加盟するクラブチームに所属しているという条件付きではあるが、対象者の国籍を問わないことになった。2007年からは、UEFAに限らず、全世界のリーグも対象となり、晴れて「世界年間最優秀選手賞」の扱いになったのである。とは言え、ワールドクラスの選手がヨーロッパのリーグに一堂に会する現代のサッカー界なのだから、1995年からでも実質「世界年間最優秀選手賞」と言って差し支えないだろう。

このような歴史的背景から、バロンドールを創立したフランス・フットボール誌は、2016年のバロンドール60周年に際し、1994年以前の受賞者を再度評価し直した。つまり、「創立当初からバロンドールが全世界の選手を対象にしたものだったら受賞者は誰になっていたか」を仮想したのだ。その内12回が、再評価の結果、正規の受賞者とは別の選手が受賞に相応しかったという結論に至った。

12回の内の一つ、1958年バロンドール。正式な受賞者は、フランス国籍のレイモン・コパだ。しかし、フランス・フットボール誌は、ブラジルのペレが受賞に相応しかったと認定した。ここでは、その理由を考察していく。

 

正式な受賞者 再評価された選手
選手 レイモン・コパ ペレ
国籍 フランス ブラジル
所属 レアル・マドリード(スペイン) サントス(ブラジル)
ポジション

FW、MF

FW

チーム

タイトル

スペインリーグ優勝

UEFAチャンピオンズカップ優勝

・ブラジル・サンパウロ州リーグ優勝

FIFAワールドカップ優勝

主な個人

タイトル

・ブラジル・サンパウロ州リーグ得点王(58得点)

FIFAワールドカップ最優秀若手選手賞

その他

要素

FIFAワールドカップ3位入賞

・ブラジル国内公式戦で年間46試合66得点

FIFAワールドカップ最優秀選手2位

FIFAワールドカップ得点王2位

 

1958年最大のタイトルはやはりFIFAワールドカップだろう。ペレはブラジル代表の一員として優勝しており、このことがバロンドール受賞に大きな影響を及ぼすことは言うまでもない。レイモン・コパも、フランス代表として活躍し、3位入賞に貢献したが、優勝しているか否かで天と地ほどの差がある。また、ペレは同大会の得点ランキング2位につける6得点の活躍をし、最優秀選手賞の2位にも選出されている。さらにそれが17歳というのだから、当時世界に与えた衝撃は計り知れない。

 

一方のコパは、クラブレベルでは世界最高のタイトルと言えるUEFAチャンピオンズカップ(現UEFAチャンピオンズリーグ)を制している。現在でもこのタイトルは、バロンドール受賞者を決める上で欠かせない要素だ。1958年ワールドカップに参加したヨーロッパ勢の中での最上位は準優勝のスウェーデンだが、そのスウェーデンの選手たちを抑えてコパがバロンドールを受賞したのも、チャンピオンズカップの影響であると考えられる。また、コパスペインリーグも制しており、所属クラブのレアル・マドリードでも、フランス代表でも、中心選手として世界の大舞台で申し分のない結果を残したと言える。

 

しかし、ここで忘れてはいけない重大な要素がある。当時の全世界のサッカーリーグの勢力図では、欧州と南米にほとんど差がなかったという点だ。もちろんその頃にも欧州でプレーする南米出身の選手はいたが、ほんの一部に過ぎない。ペレが所属していたブラジルのリーグでも、国内出身のワールドクラスの選手たちがしのぎを削っていたため、リーグレベルは欧州主要リーグと大きな差はなかった。

 

そのブラジル国内リーグで、当時17歳の青年は異常なペースで得点を量産し、所属するサントスを優勝に導いた。シーズンが終わってみれば全公式戦46試合で66得点という驚くべき成績だった。これは世界最優秀選手を決める上で到底無視できる数字ではないはずだ。

 

以上のことを踏まえて、ペレのバロンドール受賞は妥当だと言えるのではないだろうか。もちろん、だからと言ってレイモン・コパは相応しくないというわけではない。バロンドールに全会一致はほぼあり得ないのだから、大いに論争すべきだろう。

 

ちなみに、1958年ワールドカップペレを抑えて大会MVPに選ばれたのはブラジルのジジだが、この年は所属クラブのボタフォゴでのタイトルに恵まれず、それが影響したためリエバリュエーション・バロンドールの受賞には至らなかったのかもしれない。

 

コメント